星々のうた

占星術師未來のよしなしごと

🌕 未來のつぶやき

🌙 真実の舟に乗っている

この世は 起こるべきことしか起こらないんだなあ。 とか思う夜更け。

🌙 今を生きることは大切。未来に目を向けることも大切。過去に学ぶことも大切。そして全ての時間は此処に同時存在する。

古典文学や芸術から不思議なインスピレーションを授かることがあります。

🌙 コズミックな暗示

私の目には、この宇宙はどこまでも美しく合理的であると見えるんだ。

🌙 心を重力から解き放ちたまへ

「人間が恋に落ちるのは重力のせいではない」、とアインシュタインも言ったように、人間の心に足枷をつけることは誰にもできず、そして愛を檻の中に閉じ込めておくこともできない。

🌙 己が闇で出会うもの。それは化け物なのだろうか。

闇の中にこそ、あなたの求めるものが待っていることがあります。

🌙 或る占星術師の妖しい脳内独り言

もう、あの世とこの世の境目がわからなくなっちゃってる感じですね。

🌙 「頑張ってる大人」に足りないものは…

本当は疲れていて、誰かに抱きしめてもらって、「頑張ったね。えらいよ」って言ってもらいたいのに、立場や遠慮が先に立って、我慢しちゃってる、っていう人、いるんじゃないのかなー、と思っています。

🌙  言葉を封じるということは、言霊の力を奪うということに他ならない

どんな時も恐れることなく堂々と意見を述べることのできる世界であったら良いな、と思いますよね。

🌙  明けぬ夜はない。天空には星が巡り、地上には季節が巡り、この世に留まるものは何もないのだから

人生ってやつは山あり谷あり。 時にドーンと気持ちがくじけそうになることもあるでしょう。

🌙 「出会いがない」「縁がない」「レス」に効く魔法

私にとっては本当に驚くべきことなんだけれど、 いろんなことに対して待ちの姿勢でいる人が多過ぎだと思う。

🌙 今までの制限的な思考パターンから抜け出す

人間は誰しもがそれぞれの思考パターンを持っているものですが、それがあまりにも制限的だった場合、「上手くいかない」のループに陥りやすくなります。

🌙 現実を現実として実質的に動かしていくこと。

イマジネーションのスイッチが入るのは、魂や心が動くからなんですよね。

🌙 創造力というのは、神様が人間に授けてくれたギフトだと思うのよ

皆誰でも1日のルーチンみたいなのがあると思うんですよね。 朝起きて、支度して、出かけて、用事や仕事済ませて、帰りがけに買い物をして、夕飯食べて、風呂入って、寝る。みたいな。

🌙 時間は伸び縮みするらしいので、私たちも伸び縮みしながら生きて行ったらいいんだと思う

いよいよ来月は師走、という今ココ。 何かと忙しくなり始めている人もいると思うのですが、今少し、自分のための時間を自らに許してあげてほしいなあ、と思います。

🌙 『欲望の追求』はどんどんしたら良いと思ってる。それが魂の欲することであるのなら

自分の『真の欲望』から目をそらすことなく、しっかりと正面から向き合って、それをとことんまで追求したら良いですよ。

🌙 優しく繋がり合いながら、共に2025年のその先に行こう。

牡牛座月蝕。今夜はみんなが同じ月を見上げてた。

🌙 天空は海

天空が海であるのなら、そんな神秘に満ちた「深いブルーの海の底」から、星たちが様々な可能性を私たちに手渡そうとしてくれているように私には見えます。

🌙 人生を生き切る覚悟

棺桶に納められた時に人生をやり切れなかったことを誰かのせいにして逆恨みするような最期は迎えない

🌙 人の心は移ろいやすいものだけれど、誰もが内なる光を抱えている

愛する人たちが喜びの中にありますように、と、祈りを捧げながら明日も生きよう。

🌙 モジモジとしている内に人生はあっという間に終わってしまうぞよ

自分の中で吹っ切れず「なりきれていない」ものがあるのだとしたら、とことんまで「本物の迫力」に自ら寄せていくことです。

🌙 おかしなことに「おかしい」と気付いていられる正気を保ち続けること

乱れたものを乱れたままにしておけば、そこには強制的にテコが入るもの。

🌙  長いようで短い人生。どう生きる?

ストイックさの中に福があることもあります。 リラックスしてのんびりと過ごすばかりが人の幸福ではありません。

🌙 あなたの魂はすでに答えを知っている

あなたにとって「信じることのできるもの」「信頼の置ける感覚」ってどんなものでしょう?

🌙 内なる空間を広げていくとそこには閃きが生まれてくる

握っていたものを手放せば「内なる空間」は広がり、風通しが良くなります。

🌙 それは魂の震え。地球のスピリットとの共鳴。

人が何かを見て「美しいな」と思う感覚って、とても霊的だなあ・・・と思うのですよ。

🌙 光の在り処

本来人間は何かに情熱を傾けてのめりこめるものを切望しているのではなかろうかと思うのです。

🌙 星を読むということは、祈りを捧げることに似ている

今日も明日も明後日も、星と共に歩むだけ。 どの瞬間も、ただ心臓が鼓動するのと同じように。

🌙 わたしの宇宙

宇宙の中心で私は、 「音」という振動を発してる。

🌙 魂のかけら

言葉というのは思いのひとひら。

🌙 あなたの無邪気な魂のシェイプ

私たち大人は、社会人生活を送るうちに周囲と波風を起こさないように、摩擦を起こさないように、と、自分の中のピュアな欲求や願い、そして夢を引っ込めてしまうようになります。