星々のうた

占星術師未來のよしなしごと

🌕 未來の呟き-言霊

🌙 言葉は命。言葉は霊。

言葉。それはきっと呼吸なのだ。

🌙 自由へ帰る道

恐怖や不安に囚われている時人は、ハートではなく頭で考え続けているのだと思う。 頭は定着したパターンを繰り返す方が楽だから、恐怖のパターンが出来上がってしまうとそこから抜け出すことは難しくなってしまうんだ。

🌙 あなたの心は自由

好きなものを好きって言ったって良いよ。 嫌いなものと仲良くしなくたって良いよ。

🌙 孤独の中のわたし

これはわたしがわたしの中心へと密やかに還ってくる大切なワーク。

🌙 地球人体験の愛しさよ

私たちの魂は永遠なれど、一度肉体を脱ぎ捨てればこの素晴らしい感覚を味わうことはできない。

🌙 あなたのその心の空洞は

大人になってもさ、 寂しいときは寂しい、って言ったらイイんだよ。

🌙 人生を味わって生きよう

人は天王星が太陽の周りを一巡りするほどしか生きられぬのであるぞ。

🌙 宇宙時間のほんの刹那の時を生きる私の存在意義

100年前に私は存在せず、そして100年後に私は存在しないのであるから、嗚呼、人間の人生など儚い夢のようなものだな、と思う。

🌙 悲しいと言う気持ち

なんだか悲しいな、と思うときは、ごまかさないで悲しみの中にいれば良いのだと思う。

🌙 人生は逃げてもいい

メラメラと両目に炎を燃やし、ガチガチと牙を鳴らして、今までだって荒波を越えてきた。そして越えていく。

🌙 夜のしじまは考える時間

地球の喧騒から離れて 「自分」と共にある時間。

🌙 言葉は毒であり薬であり。沈黙は美しくもあり狡猾でもあり。

三日ほど俗世から離れておりましたが、本日戻って参りました。 時には良きものでありますね😌

🌙 絶え間ない語りかけ

目の前で展開し続ける現象は 絶え間ない宇宙からの語りかけであるが故に。

🌙 先人の言葉

5惑星逆行に伴って思うことあれこれ

🌙 それは何色

「もしかして私狂ってるのかなーー」とか思っちゃうかも。ええ、わかります、わかります。

🌙 未來は今日も未來を生きている

ミクロン。未來の頭の中。

🌙 怒り。悲しみ。赦し。

私にとっての「赦し」とは、自らを怒りから解き放ち自由にしてあげること。

🌙 ホーム。それはハートの中心。

「不安」と、「疲弊」と、「焦り」という名の高速スピンするトルネードに巻き込まれぬよう、呼吸とともにわたしは「ここ」にいよう。

🌙 「死」

「死が楽しみだ」と思う人はまれだろうし、まあ平均的には「死が怖い」と思う人の方が圧倒的に多いんじゃないかと思う。 そしてそう考える原因の一つに「死は苦しい」というイメージがあるからなんじゃないかなあ、とも。 或る日こんな記事を目にしたんだよ。

🌙 人生は夢の如し

祖父の亡くなった年齢はとうに越してしまった。 私の人生は半分を過ぎたのか、 それとも 明日にも肉体を脱ぎ捨てるのか はたまた5つの元素に溶けてしまうのか

🌙 コズミックオーシャン

私たちの魂は 宇宙の塵で作り上げた 肉体と呼ばれる船に乗り込んで、

🌙 人生という名のクエスト

今日は、私が敬愛してやまない水木しげる御大のお言葉をみなさまへ。 『人生はあんた、面白くなりかけたころに寿命がくるんです。秘密がわかりかけたころに。神様がわからないようにしてるんだ。』 いやあ、壮大なロールプレイングゲームですね。人生って。…

🌙 天・地・人

背骨をすっくと立てれば、天と地の間に人たる「私」が存在していることが良くわかる。

🌙 聖域

そこはあらゆる瞬間、己が還る場所。

🌙  「特別な日」

人は「特別な日」を待ちわびていることが多いけれど、本当は毎日が「特別な日」なんだと思います。

🌙 占星術師な私の「幸せの青い鳥」

いっぱいいっぱい星と話しをして、いっぱいいっぱいその言葉を拾い集めて、いっぱいいっぱい星の言葉を誰かにお届けして、そして星を見つめながら人生をバイバイする。それはなんて幸せなことなんだろう。

🌙 命の火花

命を焦がし燃やし尽くすんだ。 死はある日突然にやってくるから。

🌙 この世の意味。生きる意味。存在する意味。

この世は「意味がない」のではなく、ありとあらゆる「意味の可能性」が充満する「空」があるのだと思う。

🌙 汝、神聖なる哉。

今日電車の中で乗り合わせたのは、顔色悪く目の下にクマを作った小枝のように細い中学生くらいの女の子と、その横に労わり寄り添うように腰掛ける、溌剌としたエネルギーに満ち満ちた母親と思しきそんな二人でした。それを見かけた私の心には、突然溢れるよ…

🌙 想いの行方

私から生まれた想いはどこに行くんだろう。想いを言葉に変えて口から出したなら、それは呪文のように力を持つんだろう。言葉という姿をまとい、心もとない小舟に乗って、私から旅立つ想いは、どこに行くんだろう。誰かの心という港に辿り着くまで、漂い続け…