星々のうた

占星術師未來のよしなしごと

🌕 未來の呟き

🌙 自由へ帰る道

恐怖や不安に囚われている時人は、ハートではなく頭で考え続けているのだと思う。 頭は定着したパターンを繰り返す方が楽だから、恐怖のパターンが出来上がってしまうとそこから抜け出すことは難しくなってしまうんだ。

🌙 あなたの心は自由

好きなものを好きって言ったって良いよ。 嫌いなものと仲良くしなくたって良いよ。

🌙 孤独の中のわたし

これはわたしがわたしの中心へと密やかに還ってくる大切なワーク。

🌙 地球人体験の愛しさよ

私たちの魂は永遠なれど、一度肉体を脱ぎ捨てればこの素晴らしい感覚を味わうことはできない。

🌙 あなたのその心の空洞は

大人になってもさ、 寂しいときは寂しい、って言ったらイイんだよ。

🌙 人生を味わって生きよう

人は天王星が太陽の周りを一巡りするほどしか生きられぬのであるぞ。

🌙 新宿マイパワースポット

うん。 確かに新宿は怪物だと思う。

🌙  「追われる女」と「追わせる女」

「追われる女」と 「追わせる女」の間には 大きな開きがあるように思う。

🌙 宇宙時間のほんの刹那の時を生きる私の存在意義

100年前に私は存在せず、そして100年後に私は存在しないのであるから、嗚呼、人間の人生など儚い夢のようなものだな、と思う。

🌙 女が女に惚れる瞬間。今日の一目惚れのお話

思わず、「お姉さん、すごいカッコイイですね!!」と言ってしまったもの。 年齢聞いてひっくり返りましたよ。

🌙 悲しいと言う気持ち

なんだか悲しいな、と思うときは、ごまかさないで悲しみの中にいれば良いのだと思う。

🌙 地球の水は宇宙由来、と言うロマンに浸る夜

地球は「水の惑星」と言われるほど水を豊富に湛えていますが、この水が「どこから来たのか」なんてことは考えたこともありませんでした。

🌙 本当の事なんて言えない

学校でもコミュニティーでも、従順な人が生きやすいのがこの世界なんだと思う。

🌙 幽体離脱夜話

小学生時代は一年の半分以上を 病院のベッドの上で過ごしていた私は とうとう 幽体離脱ができるようになったのでありました。

🌙 人生は逃げてもいい

メラメラと両目に炎を燃やし、ガチガチと牙を鳴らして、今までだって荒波を越えてきた。そして越えていく。

🌙 ライブで体験するか、それとも歴史書を読んで追体験するか

メガトン級の冥土の土産話を、毎日せっせと風呂敷に包んでいるワタクシなのでございます。

🌙 何も言わないのは何も考えてないということではない

男子っていうのは女子が思ってる以上に実は考えているのよな。

🌙 輪廻

『インド哲学において生物らは、死して後、生前の行為つまりカルマ(梵: karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わるとされる。』

🌙 空を見上げて大切な人たちのことを思おう

こんな世だからこそ 1日に1回は空を眺めて 大切な人たちのことを思おう。

🌙 自らに還り、のびやかに、のびやかに

萎縮しないで、のびやかに行こう。 あなたという人間は、この宇宙にただ一人きりしかいないのだから。

🌙 占い師、2022年を思う

9月。 というわけで、占い師らしくそろそろ来年の年運の支度をしております。

🌙 外から内を見る目で自らのいる場所を確認してみる

今のような世界になってしまう前に世界のあちこちを放浪して、その国々の光と影を見ることができたのは良かったな、と思ってる。

🌙 私たちの9月1日

パンクキッズだったあの頃の私たちが、今ここまでの人生の道のりを想像したことがあっただろうか。

🌙 ゆらぎの森へ

イメージの世界というのは、なかなか強烈なんだろうな、と思う今日。

🌙 虫の音。

急に鳴き始めたのでしょうか? いいえ。 ずっと鳴いていたはずです。

🌙 自然の環の中の人間

いつの間にか 空は高くなっていて、 自然は人間のやることなど 関心がないように粛々と季節を巡らせている。

🌙 夜のしじまは考える時間

地球の喧騒から離れて 「自分」と共にある時間。

🌙 「楽観」

似ているようで全然違う。

🌙 「人間とはなんぞや」

最近はいつにも増して「人間とはなんぞや」を問うことが多くなった。 この愛しく愚かしくユニークな生物は、どこに行こうとしているのだろうか、と。

🌙 言葉は毒であり薬であり。沈黙は美しくもあり狡猾でもあり。

三日ほど俗世から離れておりましたが、本日戻って参りました。 時には良きものでありますね😌